夫婦交換 スワップ 秋田
ステキなセックス

知らない ご夫婦さん達と 夫婦交換


ちょっと不安・・・    でも人生を    楽しんでみたい・・・     誰にも知られず 母から女性に戻れる日  それはご夫婦様 次第です♪




夫婦交換 失敗 体験談 1



     私がスワップを望んだのは1本のDVDの影響からでした 私のサイズが小さいのは温泉でも隠してしまう程ですが

     そんな私でも愛する妻がおります セックスにも興味があり妻にもスワップの映画を見せました 当初、嫌がり

     見ようともしなかった妻が 私が寝込んでからこっそり見ています あるとき私は寝たふりをしてから部屋に入り

     驚く妻に変態でもないし 人間なら当たり前なんだと知ったかぶりを言い 違うDVDを借りてきては妻と一緒に

     観賞するようになりました サイズに関して妻は何も言いませんが スワップって本当にあるの?興味津々の問いに

     私は 楽しいセックスみたいだからしてみようか? 妻は笑いながら簡単に断りました ある日 妻とDVDを見ながら

     のセックスに思いのほか感じてくれ 挿入しながら真剣に 妻に言いました 嫉妬も刺激剤となるし 愛情は

     変わらないんだよ いつもの台詞に断る妻が 無言 腰を激しく動かしながら問いかけてみたら 妻が以外にも

     うなずいたのには驚きでした え?本当にいい? 動きを止めると返事はなく 挿入を繰り返しながら 頼み込むと

     妻は言葉は発しませんでしたが 抱きついての承諾。普段、なかなかイかない妻が 夫婦交換という刺激で絶頂を迎えました

     次の日、早速、お相手探し 一ヵ月後 連絡がとれたお相手と 一度お会いすることになりました 当日、妻も私も緊張して

     まともな会話ができませんでした 妻が打ち解ず 嫌がり帰ると言い出し ホテルから逃げるように車へ戻ってしまい 先方様に

     非礼を詫びて 帰宅、その後、是が非でも 素適な妻と一緒に お食事や遊びだけでもお願いしますと、頼み込まれ 再度、

     ご一緒になり 回数も重ねていくうち 妻の顔からも笑顔が溢れ やがて親戚であるかのような気配りに

     私たちは始めてであるにもかかわらず スワップの道を歩み始めておりました 以前、ホテルに同行はしたものの

     妻が嫌がり 中止になった事も お相手さんは お気になさらないでねと、また、再度 ホテルでの飲食を提案され

     何度か談笑をし、その気になったらという事で市内のホテルに移動 屈託のない気さくな笑顔での会話でした。

     紳士的な彼は 妻に一切 触らず笑いながら優しく振る舞い 彼の冗談に 妻が やだぁ〜って言いながら肩を叩いてます

     程よい所で 失礼してシャワーを頂いてもよろしいですかと先方さん その後から私と妻がシャワーを 両夫婦ともに浴衣です

     ご夫婦同士での談笑から始まり やがて席を入れ替わって1:1の談笑 横では妻の笑う声が聞こえます。

     初めての体験で かなり興奮していました。30分も話し込んだところで始めましょうとの 言葉でした。

     30分も話し、いきなりでもないでしょうが その場の雰囲気に断れず プレイ。。。どうしたらいいかも分からず

     始めますの合図にとまどうも 相手の奥様は私の浴衣をまくり上げいきなり咥え込んできました。あ、すごい・・

     妻に見られながらのフェらは罪悪感と快感とで とても興奮しました いい・・ いきなりのプレイを見た妻は無言になり

     フェらの光景に目を見開き私達を凝視しています。その妻を背後から抱きながら胸を揉み下ろしている他人に

     気がつかない妻 相手の奥様はかなり慣れていてアナルに指を入れ責めてきます。妻は放心状態で 気が動転

     している様子 妻が怖そうに拒んで泣いているのがわかりましたが私だけという訳にもいかず 見守るしか

     ありませんでした大事な妻を他人に与え 嫌がり泣いて断る妻に 巨大な黒い肉棒を差し出す彼に 私は頭が真っ白・・・

     凄い! でかすぎる・・ 黒々とした生き物に 私は声をつまらせ ただ見入ってしまいました 彼は笑いながら

     巨大ペニスを見せつけ妻の手を取って握らせようと・・。私のと違い 問題外に大きい! 妻が壊れてしまう! とっさに

     辞めます!と、言ったにもかかわらず 相手の奥様が私にまたがり簡単に挿入をしてしまい 結果は私が始めたムードに

     私の妻とは初めからやるつもりでいた 私が断れば強引に奥様から挿入する計画だった事を 暫く後で知らされた・・

     妻の相手は先ほどまでの紳士とは一転し、勝ち誇ったかのようにニヤニヤ笑い ほらご主人様が私の大事な妻に入れてるよ

     近くで見ようね と言い、妻が逃げれないよう背後から抱きかかえ目を逸らそうとする妻の顔を押さえ無理やり見せつけ

     妻の胸から腹部へと大きな手が動く 彼が妻の耳を噛んで言った 奥さん 今夜は許さんからな かすかに聞こえた・・

     ご主人さんすごいね と、わざと妻に話しかけます 相手の奥様がリズムをとり腰を激しく振り 私は情けなく果ててしまい

     奥様から 大丈夫よちょっと休んだらまたしようねと励まされ トイレに行こうと立ち上がって目にしたものは 男性の

     巨大なペニスは さらに大きくなり妖しく天井を睨んでいました。私は慌て 困ると言ったようですが ずるいですよと言い

     ご主人はされたんだから 私も一回はさせていただきますよと、しかし 異常なほど大きい 先も太く外人にも勝っている

     妻の髪を掴んで無理やり口元に運んで 咥えてと言うが 妻は咥えませんでした。駄目だね・・やめましょうと言い出し

     私のは奥様には無理みたいなのでやめます ローションも持参してきたのですが 残念です 素適な奥様としたかった・・と

     男性が言い 妻を見れば安堵感からなのか興奮なのか 顔が真っ赤に上気していました。こんな大きいものを妻になんて

     と思いながらも羨ましく、憎くさえも感じていました。止めてくれてよかった。トイレに行き戻ろうとした時に妻の叫び声

     やったなとすぐわかりましたが足早に駆け寄れば妻は背後から串刺し 妻は息も絶え絶えで苦しんでいる様子に 彼の奥様が

     妻の頭を撫でながら 大丈夫よ すぐに気持ちよくなるのよと・・・押さえつけています 妻の口から聞いた事のない呻き声

     何故入れた!の抗議に 男性は 奥さんから入れたのですよと明らかな嘘 奥さんのおまんこ締まりがいいですねと笑いながら

     ゆっくり妻に出し入れする光ったキングサイズのペニス やめてくれと再度止めたら 奥様から入れたのですから 本人から

     聞いてくださいと言い 妻の顔を覗き込んで 本当か!と、いくら聞いても 巨大ペニスに 子宮の天井を挿し突かれ 妻は

     小柄な体をのけぞらせ 今まで聞いたことのない 呻き声を発し 私には答えない 奥さん私のペニスは美味しいですか?

     初めてお会いした時から 奥さんに入れる事だけ考え 予想通りだったと笑います 奥さんはこんなペニスが欲しかったんだろ

     彼の屈辱的な言葉に 彼の奥様も あら もう逃げないわ と、追従 彼も言う 奥さん 狭いおまんこには 良すぎるだろ

     獣のような呻き声で 彼には答える妻・・ 長さゆえか 挿入したまま 体位を変え 奥さんの唾をくれと彼 首に両手を巻き

     自分から舌をからめる妻 巨大なペニスは妻を許さず 何度も抜き挿しを繰り返し そのペニスに妻の白い愛液が糸を引き

     彼の足元に垂れていた 妻は苦しがってるのではなく 絶頂を迎え 何度も寄せくる絶頂に 性の喜びを味わっていたのです

     よがり泣き 体をのけぞらせ 首を振る妻にいいでしょうと自信ありげに言います 私が妻の名前を呼んだのは失敗でした

     妻の顔はゆがみ泣いています 止めようとした私に妻は答えず すすり泣き 他人の熱い肉棒の出し入れや掻き回しに呼応し、

     男性のリズムに合わせ声を張上げます 私とはあり得なかった一体感です 普段はなかなかイカない妻が 巨大ペニスによって

     痙攣を繰り返しながら 何度も絶頂を迎えています 1分もしないうちに簡単にイってしまう妻に 嫉妬してしまいました

     そのペニスの静脈が盛り上がり 妻の奥深くを突き挿します 妻は あ”ぐぅ〜!いい!死ぬ死ぬ!死ぬう〜!いい〜!!

     おっぎい〜! ヒィ〜!もう 私の妻ではないようです さあ○○子!これからだよ!と、妻の名を呼び捨てです挿入部を見れば

     あまりの大きさに根元まで入りきらず 小柄な妻は 挿し突く彼の動きで 位置が移動していきます 引き戻されては 子宮を

     突き上げられ妻はよがり狂い 獣のような断末魔の喘ぎ声も激しく、妻はもう他人の言うがまま性の奴隷と化し 狂喜の痙攣

     彼が言う これから奥さんに 潮を吹かせてみますね そう言うと 妻の肩を押さえ込み 巨大ペニスに全体重を乗せ 妻の

     小さな局部へ挿し込んだ あぐ〜!っと妻 信じられなかった・・ 巨大ペニスが根元まで突き刺さった・・発狂したように

     痙攣を繰り返す妻の 局部から とめどなく液体があふれ出てきた・・・ おしっこのようだったが 彼は ははは、と笑い

     奥さんの呼吸は 私がさせてるんですよと、訳のわからない事まで言いましたが はい!深呼吸!と言い 突き刺す・・・

     妻は朦朧としてても はぐぅ〜!と息を吸い 吐いて〜!と、彼が入り口近くまで抜けば ひぃ〜!と、息を吐く・・・

     はい!続けて○○子 と、言い 巨大ペニスをズンズンと抜き挿す 妻は ヒィ〜! ハァ〜!ヒィ〜!と答える・・・

     もう許してください おねがいします と、頼み込んだ私に まだ一回イってないし ○○子が 離さないからと笑う 彼。

     ビデオなんかは問題にならないほどのシーンだった・・・ 私の横で笑いながら見てる奥様に相手をしてあげなさいと言う彼

     初めて見る妻の乱舞に興奮していた私の 情けないものを彼の奥様が握り また咥えます二度目なので10分は

     持ちましたが奥様がまだイッテないから次、頑張ろうと不機嫌な感じです 妻は1時間以上挿入され続けています 彼が

     妻を駅弁スタイルで 決して離れる事なく挿入したまま部屋を歩き回る 私のしたことのない体位に 小柄な妻が揺れる・・

     飲み物を妻に口移しで与えています 今まで聴いた事のない妻のよがり声 早く終わってくれと祈るばかりでした 私との

     セックスで妻が達する時はイク・・・と言いますが今夜の妻は死ぬ〜!と獣のような声です 妻がイクと彼は動きをゆるめ 挿入

     したままの長いキスに妻も舌を絡めています 再び腰をゆっくり動かしまた泣きくずれ徐々に腰を激しく振られると妻は

     男性の首に両手を回し しっかりしがみつきながら 1分と持たずに 死ぬう〜!を繰り返します。まるで子供が抱っこ

     されたまま犯されている光景でした。妻は何度イカされたのかわかりません 悔しい、憎い、嫉妬しながらも妻を見ていました

     小休止があり 妻は歩けないままお風呂に連れていかれました お風呂で何があったか後日、妻から聞きましたが お風呂でも

     泣き声は激しく 獣の呻きでした。私は奥様とビールを飲みながら彼の凄さを 知らされました 彼は遅漏だということです

     何時間も出来るとの話に信じられませんでしたが 妻はその彼に女性であることを思い知らされ続けています。お風呂から

     妻を抱えてきてベットに横たわらせ煙草を吸います。彼は何も指示してないのに妻は 大きいそのペニスの玉までも舐め

     愛苦しく従順な少女のようでした 我慢できなくなったのか彼の奥様がベットの彼にまたがり いきなりの挿入 妻は逃げず

     二人の行為を見ています 私は妻を離れさせようと声をかけましたが 返事は返らずベットはきしみ奥様の激しい呻き声・・

     逃げるには 今しかないんだ!と、妻の腕をとりましたが 無言で跳ね除けられ 性交中の彼とキス 夫が誰かわからせようと

     私の半立ちのちんちんを妻に挿入、しかし妻の泣き声は聞けません やがて奥様は絶叫の声をあげ 果てましたが 驚いたのは

     妻が私のちんちんから離れ 彼に抱きつき甘えの おねだり 自ら肉棒を導き舌を絡ませ 切ない声で哀願する妻に彼は薄笑い

     私は立場を失い ソファーに移動 甘える妻に用意されていたバイブをアヌスに挿入したのは奥様でした 妻は奥様の巧みな

     テクニックによりアヌスでも昇天するということを思い知らされたのです 彼は自分の奥様を念入りに昇天させました

     ソファーに 息も荒く戻ってきた奥様は私の股間に抱っこされるように座りました(彼に指示されてのお座りです)

     妻の口から おまんこいい・・ 髪を乱し動物のように首を振り本能をさらけた卑猥な言葉 死んでもいい・・ もっとして・

     ご主人と毎日される○○子がうらやましいなと言う彼に 妻は 違う・・貴方がいい・・・貴方が・・ あぐぅ! と・・

     呼吸はさらに激しく 妻は離れようとしません 奥様が言いました 「私の主人は生なのよ」 私はビックリし、何故コンドームを

     外したのか抗議しましたが 「奥様からの要望なんです」と、彼 お風呂で生で入れて下さいと頼まれたんですよ と笑います

     奥様が 「主人は遅漏だから生がいいの さっきから生でしてたのよ」 と言われ愕然と孤独感に陥りました 生ペニスに妻は

     発狂し、体を波打たせ何度も何度も絶頂 時折の水分補給も彼からの唾液を口移し・・ 片時も咥え込んで離さない巨大ペニス

     6時にホテルに入ってからもう11時半 妻は娼婦のように卑猥な言葉でおまんこがいい!死ぬう!止めて・・とは言うものの

     妻は汗だくで彼のペニスを小さな局部でしっかり咥えこみ愛液も枯れることなく垂れ流し巨大ペニスの虜 遅漏の彼が荒々しく

     腰を振りながら○○子 イキそうだよと言い 妻はヒィ〜!と答え 彼の巨大ペニスは音をたて激しく妻の子宮を突き上げてゆく

     妻と彼の絶頂は文字では表せません ○○子!と名前を連呼し、妻もヒィ〜ヒィ〜獣のような喘ぎ声。イクと言ってからの時間も

     長く 密着した二人の汗と匂いの異様な光景の中 ついに ○○子!イク 出すぞ!!彼の腰が妻の股間に圧着し、妻も痙攣・・

     妻は何度もイってるせいか 目が赤くなっていました 私とは違い彼はすぐに巨大ペニスを抜かずに妻と話をしています

     抜かずに話す二人はとても甘い快楽に浸り 本当の恋人のようです・・ 約束は守ろうね○○子のおまんこ 痺れてる?良すぎた?

     妻の返事はとても可愛いく甘える少女でした ゆっくりと抜き出される巨大ペニス 妻は首にしがみついたまま ぅ〜っと唸り

     彼にお礼のような甘えを見せました 言われもしないのに彼のペニスを舌で綺麗に後始末の妻 おびただしい精液が妻の

     局部から流れ出てきました 彼は煙草を吸いながら妻を抱き寄せ ○○子 よかったよと言いながら流れ出た精液を妻の口元に

     運び 妻はうっとりしたうつろな目で彼の精液を飲み込んだ 局部をさらけ出し しがみついてる妻 悪夢のような夜はやっと

     終わりましたが妻はまともに動けません しかし 意外な一面を持つ そんな妻にも興奮した私でした 相手の奥様が妻に

     話しかけてます 主人は遅漏で自分一人では持たないとの事でした それでも愛してるし浮気は許せないからスワップをしていると、

     よろしかったら またご一緒できますか? その質問は私にするべきだと一瞬、嫌な思いをしましたが 妻が コクリと頷いてしまい

     挨拶を交わし別れる事になりました そのときの彼は とても紳士的でした 出口で熱いキスを交わし 別れるかと思いきや忘れ物が

     あるからと妻の手をとって部屋に戻る二人・・  私は車で10分程待った ぴったり寄り添い甘えるように出てきた妻・・・

     妻がなかなか車に乗りません 別れを惜しむかのように甘いキス・・ もう充分だろ!と引っ張り込んだ 後ろを振り返り遠のく彼を

     見えなくなるまで見ていた妻に 忘れ物はなんだったんだ!何をしていた! ここが良かったのか!と、胸を強く握りつけた私・・

     あいつのちんぽ よかっただろう!感じすぎてたじゃないかとか もっとやりたいんだろ!とか 馬鹿な事をいろいろ言って

     しまいました 妻は無言のまま答える事なく 窓にもたれ 余韻を楽しんでいるかのように うっとりしていました。帰宅してすぐ妻に

     求めてビックリ 妻は下着を履いておらず 答えてもくれません セックスも断られ 妻はそのまま寝込んでしまいました

     私が主人公である筈の週末は情けない休日の幕引きとなってしまい 明後日の出張が負担に感じつつも寝込んでしまいました

     朝、目覚めると いつもの妻が戻っておりました いつも通りに二人で朝食を食べ 妻に送り出され仕事に向かいました。

     昨夜の事は悪夢だと自分に言い聞かし あるいは昨夜の妻を思い出したり 結局、もう先方さんとは逢わないのでと自分に

     言い聞かした。先方さんの連絡は私しか知らない。不測の事態に備えた連絡法によって 妻を守れる。もう夫婦交換は控えよう

     帰宅して変わらぬ妻に優しく愛撫 妻は寂しいから早く帰ってきてねと言います 食事も終え 夫婦のセックス 昨夜の出来事に

     妻も答えだしてくれました 他人とはどう? 妻 「興奮はするけど一緒よ」 妻は結婚前に一人だけ異性関係がありました

     妻にどのくらいのサイズだったかを聞けば 「あなたのより ちょっと大きいくらい」 と話してくれた事を覚えていました

     昨日のサイズは? 妻 「無理だと思った・・」 またしたい? 「他人とさせたいの?・・」 この言葉で既に射精しそうになり

     昨夜の彼の真似をしてセックスを試みるも 妻の声は出ず 昨夜の喘ぎ声を聞くことはできませんでした 時間も5分程度 

     昨夜が刺激になって我慢できなかった私に妻は普通にとりつくろってくれ 明日の出張のため早くやすみました。朝も妻の笑顔に

     送られ出張です。普通の夫婦生活に戻れてよかった 変わらない妻にも感謝しながら仕事に打ち込んだのです。

     私のいない自宅でこれから 何かが起ころうとしている事など予想すらできない私でした。

                   続く



      
夫婦交換 映画館 体験談       スワップ失敗 体験談1

スワップ失敗 体験談2          スワップ失敗 体験談3



inserted by FC2 system